FC2ブログ

老犬セミナー

  06, 2016 23:34
先日、豊田市の広報に老犬セミナーなるものが告知されていて、
しかも、、、無料!!!



普段8000円程のセミナーに参加しているので
無料なんてありがたいものはないです。

もう、どんな内容だろうと、どんどこい。

実家のレオくんが高齢になるので、今後必要になると思い、申し込みました。



会場に行くと、満席でさらに追加席があるほど!
皆さん老犬介護で色々苦労されているようです。


講師の方は何頭も大型犬を介護された実績のある先生。


内容は、

介護の実態、便利グッズの紹介、安楽死についても。


犬を飼うということは、介護の決意も必要です。
自分で面倒を見れるサイズの子を選ぶことも必要。

自分が亡くなった後も責任持って面倒を見てくれる人が居るか。


普段なかなか知ることのできない、介護の実態を動画で教えて頂きました。



普段から体や、口の中もチェックしてあげるのも良いそうですよ!
腫瘍や異常が早期発見できます。

あの時口の中をチェックしていたら腫瘍を発見できたのに。。。。という悔やまれるお話もされていました。


私もトリミング時に体をチェックしていますが、
一緒に暮らす飼い主さんによる毎日のチェックには回数的にかないません。

ぜひ、嫌がらない程度で結構ですので、ナデナデのついでに、
意識的に体をチェックすることをお勧めします^^





動画はさすがに撮れなかったけど、便利グッズは沢山紹介できるよう
写真たくさん撮ってきました。



おむつのオススメ。





人間用に、尻尾部分の切り込みを入れて使うと安くて便利だそうです

丸く穴を開けると排泄物が漏れてしまうので
十文字に切り込みを入れるのがポイントだそうですよ!






オムツの中に一枚パッドを入れると、それだけ変えてまたオムツは使えます。
リーズナブル。




マット

褥瘡(床ずれ)防止に、体圧分散マットレスがいいそうです。

実は私も腰痛のため、ムアツ布団を敷いているので激しく推奨します^^





補助道具




希望があれば型をお貸し頂けるそうですよ!

寝たきりになってから準備するのではなく、元気なうちにしっかり採寸して
用意しておくのが重要だと念を押してお話しされていました。











タオルと布で、取っ手をつけて簡易補助が作れます。




こんな感じです。幅広でワンコの負担も少ないです。




寝たきりになると、起こすのが非常に困難になります。
取っ手をつけて着せておくと、大型犬もヨイショ!と一瞬で立たせてあげることが可能。

起こされる時に無理にやるから嫌がって噛まれたりしてしまうそうです。
これなら無理なくワンコも受け入れてくれます






数々の介護グッズたち。
経験者だからこその、様々な工夫に頭が下がりました。



無料で、こんなに沢山のことを学べるセミナーなんて、なかなかありません。
動物愛護センターの職員さん以外にも、

ボランティアさん達が沢山お手伝いに参加されていました。
皆さん、仕事の合間に、出られる日だけで無理なく活動されているそうです^^
本業のお仕事もペットとは全く関係のないお仕事をされていました。


実家のレオくんもボランティアさんのところから譲って頂いたコです。

信頼の置けるブリーダーさんの所か、ボランティアさんの所で、
これからもわんこを譲っていただくと思います。


私の出来る範囲で、支援していけたらと思い、終わった後に色々お話を聞いてきました。




今回はフードをおすそ分け支援させて頂きました。


足りないものは小型犬のオモチャなどだそうです。
(フードなどの必需品以外は経費として認められ難い)


集めてまた支援できたらなと思っています^^





関連記事

Comment 0

What's new?