実家犬のレオが旅立ちました

  05, 2017 01:37
1月2日朝4時に、父母の見守る中レオが13歳と4ヶ月で旅立ちました。






元旦から流動食も食べれなくて、2日の夜中1時頃呼吸が止まり20分ほど心臓マッサージと人口呼吸で息を吹き返しましたが4時頃また呼吸がとまり、蘇生処置も叶わず亡くなりました。



最期に2回、ワンワン!と鳴いて息を引き取りました。



その朝にレオの調子を見に行く予定だったので、年末に左反面のブラッシングをしてあげたのが私の最後の生前のふれあいでした。



実家について見たら、いつものスヤスヤ寝てる様な顔で、体は冷たいのに死んじゃった実感が湧かない。



8月あたりから急に介護が必要になって4ヶ月、本人も歩けないことへの苛立ちもあり、夜泣き。
毎晩夜中に何時間もずっと撫でてあげたりオムツ変えたりで父母も本当によく頑張ってお世話してくれました。頭が下がります。




そして、トリマーさん仲間の先輩方にたくさんの介護便利アイテムやご飯を皆さんに教えて頂いたりしたお陰で床擦れもなく、ご飯もたくさん食べられて過ごせました。本当に感謝です。




昨日はお葬式。

みんなが見守る中、金色でふかふかで可愛いレオくんは骨になりました。



まだずっと一緒にいたくて、骨になるのを受け入れたくなくて、お葬式前日は全く寝れませんでした。



夜中から色々考えて、明け方、ああ、お葬式をして、火葬で骨になるということは、見送る側の心のケジメの為なのかもしれない。
と思いました。




年末会った時に、顔に少し死相が出てきていて年内持つかなと心配していましたが年明けまで頑張ってくれました。



年末でなく、皆が集まれて、休みで心の整理もできるお正月休みに旅立ったレオは本当に孝行者です。


レオ、今まで本当にありがとう。

高校生だった私とたくさん遊んでくれたね。
思い出がたくさん。




レオがいた内玄関と部屋が、空っぽなのがショックで寂しいです。



ここ数日ドタバタすぎて疲れがドッと出てしまったのでゆっくり休もうと思います。



正月早々こんな話ですみません。
長々と書いてしまいました。



あと、中型犬のオムツ、人間用オムツ、床擦れしにくいマットレス(こちらはレオのお古です)など介護用品が少し余りました。
どなたか必要な方いらっしゃればお譲りしたいですm(_ _)m


関連記事

Comment 0

What's new?