FC2ブログ

ミニチュアシュナウザー

  15, 2013 20:40
本日は引き続きMさん宅、3匹目の子、シュナウザーのミルキーちゃんをご紹介。

こちらはカット後のお写真紹介です

お寒くないようにお耳のふちをふんわりコアラ風、
マユゲはレディらしく丸くふんわり。マツゲは伸ばし中。
口元はお手入れ重視だけど、かわいくふくらみを出しました。

20121128_121821.jpg

この子、何歳だと思いますか??

なんと14歳なんです
ちょっとお目目が弱いようですがまだまだ見えていて、
足腰もしっかりしてて、とっても元気。


10歳を超えるとやはり体力面が衰えてきますので、シャンプーなどの作業中
だけでなく、カット中もとても気を使います。

トリマー二人がかりで手早くトリミングした方がいい場合や、
逆に、びっくりさせないようにそーっとトリミングした方がいい子もいます。

その子その子によってどんなパターンがいいのか。。。

初めてトリミングする場合は色々と慎重に慎重に。。。


ミルキーちゃんの場合、少し震えて緊張していたので
特にやさしく、そっと足元から少しずつ体へとシャワーをかけてびっくりさせないように。

濡れているとやはり寒いのでシャンプーはやさしく手早く!


ブローもやはり手早くして寒くないようにしなくてはいけません。
効率よく素早く乾かす事も大事。
びっくりしないように少しずつ風量を強くして3種類のドライヤーで乾かします。


トリミングもおりこうさんで、じっとしてくれました!
ミルキーちゃん、お疲れ様でした

来月また会おうね(^o^)



~~~高齢のワンちゃんをお連れのお客様へお願い~~~

高齢のワンちゃんの美容をお受けする時に必ずお願いしているのが

何かあった時にすぐ対応できるよう、美容中はお出かけを控えていただいて
すぐご連絡がつくようご自宅でお待ちいただけますか?

ということです。





---------------------------------------------------


ワンちゃんの寿命は人間の約1/5。
人間ですら老い始めると一気ですが・・・ワンちゃんはその約5倍のスピードです。

「先月まで元気だったのに今月やけに元気がない。」

なんてこともあります。
実際私の実家で飼っていた子もそうでした。

今はいいけれど、もし、トリミングが負担になってきたら・・・
動物病院でのトリミングをお願いしています。

もし何かあった時にすぐ先生に診てもらえるので緊急処置をしてもらえます。



---------------------------------------------


ワンちゃんの世界でも高齢化社会になってきています。
小さな変化を見逃さないように、見守ってあげたいですね

関連記事

Comment 0

What's new?